注意事項
使用上の注意事項
    屋外露出配管
設計上の注意事項
使用温度
(℃)
5    

    30
31    

    40
41    

    50
51    

    60
61    

    70
71    

    80
81    

    90
最高使用
圧    力
(MPa)
1.0 0.9 0.8 0.7 0.6 0.5 0.4
運搬上の注意事項
    
ポリブテン管の大口径管やコイル巻管は、
結束単位によって重くなります。

ケガ防止のために、荷扱いにはくれぐれも
注意して下さい。

保管上の注意事項
    
原則として屋内保管して下さい。
変形・変色・劣化の原因
やむを得ず屋外に保管する場合は、
簡単な屋根を設けるか、不透明シート
をかけて、直射日光を避けて下さい。



平坦な場所に横積みとし、端部には、端止め材を施して下さい。
井げた積みは絶対に避け、積上げ高さは、
コイル管の場合1.5m、直管の場合1m以内にして下さい。
反り・変形・荷崩れ防止



    
解梱の際には、
ナイフで傷を付けないように注意して下さい。



    
可燃性材料のため火気に注意し、
加熱される場所(ストーブ、焼却炉の付近等)には保管しないで下さい。
施工上の注意事項
施工にあたっては、
(1) 作業の安全パイプラインとしての特性を保証するため、 当工業会及び会員各社の推奨する標準施工方法に従って下さい。
(2) 施工条件などによって従えない場合は、当工業会もしくは会員各社にお問い合わせ下さい。



適切な工具を使用して下さい。
正しい施工と安全のために、切断、接合などの作業に用いる工具については、当工業会及び会員各社の推奨する工具を使用して下さい。
工具の取扱いや定期点検については、工具メーカーの取扱説明書に従って下さい。



有機薬品に注意して下さい。
一部の有機薬品に対して材質的に侵される恐れがあるため、塗ったり、吹き付けたり、接触させないで下さい。
また、配管経路により土壌の汚染が予想される場所には、迂回配管防止策をとって下さい。
パイプ中の成分に悪影響を与え、劣化が促進することを確認しております。
・発泡ウレタンの未反応成分がパイプに悪影響を与えることがあります。
・コーキング剤に含まれている溶剤がパイプに悪影響を与えることがあります。
・殺虫剤 ・防腐剤 ・白蟻駆除剤 ・発泡ウレタン ・コーキング剤など
ポリブテン耐薬品性一覧表はこちら



    
管・継手に粘着テープを直に貼らないで下さい。
粘着剤がパイプに悪影響を与えることがあります。
管・継手に直に軟質塩ビなどの可塑材を含んだ材料を接触させないで下さい。
パイプ中の成分に悪影響を与え、劣化が促進することを確認しております。



    
   さや管の敷設形状
曲がりの一方に最小曲げ半径を敷設する場合は、直線部を設けるか最小曲げより大きい半径を敷設し、上図のように500mm以上の間隔を設けて下さい。


曲がり方向が異なる、90度の最小曲げ半径による敷設は避けて下さい。
管の挿入作業が困難になる恐れがあります。




  防火区画貫通措置
熱膨張パテをポリブテン管に直接被せると、使用条件によって管の性能に影響を及ぼす場合があります。
管と熱膨張パテが直接触れない工法を適用して頂くか、各メーカーへお問い合わせ下さい。

前ページ
Copyright(c) 2005 POLYBUTEN PIPE ASSOCIATION.All rights Reserved.